シホテ・アリン[山脈](読み)シホテアリン

百科事典マイペディアの解説

シホテ・アリン[山脈]【シホテアリン】

ロシア,極東地方の山脈。日本海とウスリー川およびアムール川下流部との間,峡谷に分けられた数本の山脈からなり,長さ1200km,幅200〜250km。最高峰は北部のトルドキ・ヤニ山(2077m)。石炭,スズ,金などを埋蔵。日本海岸には断崖が多い。
→関連項目ウスリー[川]沿海州ロシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android