シモン(読み)しもん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シモン(魔術師)
しもん

サマリアの魔術師で、通称「魔術師シモン」Simon Magus。魔術を行ってサマリアの人々を驚かせ、「彼は神の力だ。大能とよばれる神の力だ」といわれていた。使徒ピリポの手で受洗する。しかし、聖霊を授ける力を金で買おうとして、使徒ペテロとヨハネにたしなめられた(「使徒行伝(ぎょうでん)」8章9~24)。外典『ペテロ行伝』では、ユダヤを追われたシモンがサタンの遣わした魔術師としてローマに赴き、その地でペテロと奇跡による戦いを展開する。最初の異端者、グノーシス派の祖とされ、4世紀まで彼の信者がいた。[市川 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シモンの関連情報