コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グノーシス派 グノーシスはgnosticism

翻訳|gnosticism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グノーシス派
グノーシスは
gnosticism

前キリスト教的東方的起源をもつ古典ギリシア後期の宗教運動の一派。グノーシスとはこの場合神の秘儀についての直観的認識 (霊知) であり,これを根本思想としたキリスト教の分派は1世紀に起り2~3世紀に多様な発展をとげたが,正統教会より異端とされた。彼らは宗教的に徹底した霊肉二元論をとり,人間も本来は自己のうちに神の火花を有し,また地上界からの解放の欲求をいだいており,この人間の自我 (精神) に救いとしてのグノーシスをもたらすものが天上界より下ったイエス・キリストで,このグノーシスによって人間は初めて救済されるにいたると説く。またグノーシスをもたらすキリストはもとより罪の物質とかかわるはずはなく,したがって霊的キリストと歴史上のキリストとは本質的に結びつかず,受肉や受難はすべて仮現的であると主張する (→キリスト仮現説 ) 。このグノーシス派のおもな代表者としては,2世紀のウァレンチヌス,バシレイデスがいる。同じく2世紀なかばのマルキオンの思想にもグノーシス派と共通するところがある。グノーシス文献は大部分が散逸したが,エイレナイオス,テルトゥリアヌス,ヒッポリツスなど教会著述家の証言とナグ・ハマディ文書が重要な資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グノーシス‐は【グノーシス派】

紀元1世紀から2世紀のギリシャ文化圏における極端な霊肉二元論。霊的知識(グノーシス)を得ることによって物的・肉体的世界から救われるとする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グノーシス派
ぐのーしすは

グノーシス(ギリシア語の「知識」「認識」)によって救済を得ると信じる、既存諸宗教(とくにキリスト教)の分派。グノーシス(主義)は人間個人の本来的自己の認識を救済とみなしたために、救済機関としての教団組織への帰属を救済の条件としなかった。またこれは、多くの場合、既存の諸宗教の内部におこり、それらの宗教のテキストを自己に固有な反宇宙的二元論の立場から解釈し直して、グノーシス神話をつくりだした。そのためにグノーシスは、既存の諸宗教に寄生しつつ、それらのなかで多くの分派を形成することになる。
 グノーシス派は元来、「グノーシス」を偽称したために、教父たちによって正統教会から排除されたキリスト教異端の総称である。教父たちによればグノーシス派は、同派の「父祖」といわれるシモンとその派をはじめとして、ウァレンティノス派、バシリデス派、ナハシュ派、オフィス派(「ナハシュ」はヘブライ語で、「オフィス」はギリシア語で、それぞれヘビの意)、パルベロ派、セツ派などの分派に分かれた。しかしセツ派などは、おそらく元来キリスト教とは無関係に、ユダヤ教の周辺で成立したものと想定される。このような非キリスト教グノーシス派の存在は、ヘルメス文書、とりわけナグ・ハマディ文書によって確認されつつある。[荒井 献]
『荒井献著『原始キリスト教とグノーシス主義』(1971・岩波書店) ▽荒井献著『隠されたイエス――トマスによる福音書』(1984・講談社) ▽柴田有著『グノーシスと古代宇宙論』(1982・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグノーシス派の言及

【ドケティズム】より

…〈キリスト仮現論(説)〉と訳される。2世紀以前の初期グノーシス派(グノーシス主義)と神秘宗教から出たもので,キリストは真に肉体の姿をとったのでも,死の苦しみを味わったのでもなく,その受肉と十字架は単なる見かけ,仮象doxaにすぎず,またキリストが無罪であるのはこの世ですでに霊を所有しているからだ,と主張する。90年ころ書かれた《ヨハネの第1の手紙》は,これを主張する者をアンチキリストとして排撃しているが,その集団を特定することはできない。…

※「グノーシス派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グノーシス派の関連キーワードクレメンス[アレクサンドリア]ウァレンチヌス派ウァレンティノスシモン(魔術師)オルフェウス教バル・ダイサンヘルマスの牧者グノーシス主義マニ教・摩尼教アブラカダブラカトリック教会ペテロ福音書イレナエウストマス福音書ヘラクレオンドケティズムアガペ主義者ケリントスタチアノスピウス1世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android