コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャウキー Shawqī

2件 の用語解説(シャウキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シャウキー【Shawqī】

1868‐1932
エジプトの詩人。カイロの名家に生まれ,アラブトルコクルドギリシア血を引く。法律を学び,ムハンマド・アリー朝ヘディーウ(副王),タウフィークによってフランスに留学。前半生は宮廷との関係が深かったが,アッバース・ヒルミー2世が失脚するとスペインに去り,帰国後は一転して民衆の側に立った。彼の本領はカシーダの詩法による詩で,近代この分野での頂点に立つ詩人となり,ハーフィズ・イブラーヒームと常に並び称される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

20世紀西洋人名事典の解説

シャウキー
Schwq-i


1868 - 1932
エジプトの詩人。
カイロ生まれ。
アラブ、クルド、トルコ、ギリシャの血をひく。ムハンマド・アリー朝のヘディーウ、タウフィークによりフランスに留学。アッバース・ヒルミー2世の失脚後、民衆の側に立つ。カシーダの詩法による詩の頂点に立ち、ハーフィズ・イブラーヒームと並び称される。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャウキーの関連キーワードエジプト暦カイロ出エジプト記エジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト十字架の秘密エジプト風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone