コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャウキー Shawqī

世界大百科事典 第2版の解説

シャウキー【Shawqī】

1868‐1932
エジプトの詩人。カイロの名家に生まれ,アラブ,トルコ,クルド,ギリシアの血を引く。法律を学び,ムハンマド・アリー朝のヘディーウ(副王),タウフィークによってフランスに留学。前半生は宮廷との関係が深かったが,アッバース・ヒルミー2世が失脚するとスペインに去り,帰国後は一転して民衆の側に立った。彼の本領はカシーダ詩法による詩で,近代この分野での頂点に立つ詩人となり,ハーフィズ・イブラーヒームと常に並び称される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

シャウキー
Schwq-i


1868 - 1932
エジプトの詩人。
カイロ生まれ。
アラブ、クルド、トルコ、ギリシャの血をひく。ムハンマド・アリー朝のヘディーウ、タウフィークによりフランスに留学。アッバース・ヒルミー2世の失脚後、民衆の側に立つ。カシーダの詩法による詩の頂点に立ち、ハーフィズ・イブラーヒームと並び称される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

シャウキーの関連キーワードアフマッド・シャウキーハリール・マトラーンマトラーン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android