コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャガス病 シャガスびょうChagas' disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャガス病
シャガスびょう
Chagas' disease

アメリカトリパノソーマ症。原虫クルーズトリパノソーマ Trypanosoma cruziの感染によって起る急性および慢性の疾患で,サシガメ類によってヒトに媒介される。ブラジルを中心に中南米各地にみられる。ブラジルの医師,C.シャガス (1879~1934) によって報告された。急性症はおもに小児に起り,発熱,感染部位の腫瘤形成,顔面や全身の浮腫,リンパ節炎,貧血,皮下結節などが生じ,致命率が高い。慢性症は成人になってから現れ,心筋障害がおもなものである。特効的な治療法はまだ開発されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のシャガス病の言及

【トリパノソーマ】より

…アフリカ睡眠病はツェツェバエによって媒介され,トリパノソーマ感染動物(ライオン,ハイエナ,ウシなど)をツェツェバエが吸血してトリパノソーマを取り込み,次いでヒトを感染させる。トリパノソーマ・クルジT.cruziは,南アメリカ,中央アメリカにみられるアメリカトリパノソーマ症(発見者にちなんでシャガス病Chagas’ diseaseとも呼ばれる)の病原体で,媒介動物はサシガメ科の昆虫であり,病原体保有動物はアルマジロ,イヌ,ネコ,コウモリなどである。【川口 啓明】。…

【熱帯医学】より

…フランベジアは,熱帯地方にみられる梅毒様疾患であり,大部分が直接的な体表面の接触によって感染するが,通常は性交と関係がなく,患者の大部分が小児で占められている。 原虫によるものには,マラリア,リーシュマニア症,睡眠病,シャガス病などがある。マラリアはハマダラカ,リーシュマニア症はサシチョウバエ,睡眠病はツェツェバエ,シャガス病はサシガメによって媒介される。…

※「シャガス病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報