コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャクチリソバ(赤地利蕎麦) シャクチリソバFagopyrum dibotrys

1件 の用語解説(シャクチリソバ(赤地利蕎麦)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャクチリソバ(赤地利蕎麦)
シャクチリソバ
Fagopyrum dibotrys

タデ科多年草インド北部,中国の原産で,日本各地でも栽培され,野生化も多い。根茎は太く,茎は叢生し中空で下部は紅色を帯びる。葉は長柄があって互生し,三角形,下部の葉は丸みがあるが上部では長くとがり,主脈は紅色を帯びる。9~10月,上部葉腋に長い花茎を出し,先が2~3岐して外側に曲って上方に白花を密生する。花は径約 5mm,花被片は5枚。おしべは8本で, (やく) は紅色。花柱は3本で,棍棒状の黄色い小腺体8個が基部を取巻く。痩果は3稜形で,褐色に熟す。別名ヒマラヤソバ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone