コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャペロニン chaperonin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャペロニン
chaperonin

分子シャペロン molecalar shaperonともいう。蛋白質分子が折り畳まれたりオリゴマーを形成するとき,一時的にこれと結合し,正しい高次構造をとったり正しい相手と結合するように介助する蛋白質。従来は蛋白質の高次構造がアミノ酸配列 (一次構造) で決るといわれていたが,シャペロニンの発見により,「他の蛋白質の助が要ることもある」ことが判明した。熱ショック蛋白質 (熱など環境の変化によって誘導される一群の蛋白質) のなかには,蛋白質が膜を通過するとき1度ほどかれて再度折曲るのを助けるものがある。ヌクレオプラスミンは,ヒストンが核酸との複合体 (ヌクレオソーム) を正しく形成するのに必要である。また,大腸菌の GroE,GroES蛋白質は,他の蛋白質が正しいオリゴマーになるのを助ける。これらの作用機構は不明だが,疎水性領域同士の相互作用が重要と考えられている。また,シャペロニンは ATPアーゼ活性をもつので,ATP (→アデノシン三リン酸 ) のエネルギーも必要と思われる。シャペロニンの名称は,社交界のシャペロン (令嬢に付添い,好ましい相手との接近を助ける役) に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャペロニンの関連キーワード変性(生化学)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android