コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルグラン Chalgrin, Jean-François-Thérèse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルグラン
Chalgrin, Jean-François-Thérèse

[生]1739. パリ
[没]1811.1.21. パリ
フランスの建築家。エティエンヌ=ルイ・ブレの弟子で,フランス・パラディオ主義建築の代表者の一人。 1764年にローマのバシリカ式聖堂にならって,パリのサン・フィリップ・デュ・ルール聖堂を設計し,古典主義建築家の地位を固めた。そのほかコレージュ・ド・フランス (1778) ,リュクサンブール宮殿 (1803~07) ,オデオン座 (1807) の増改築に活躍し,死後完成したパリの凱旋門 (エトアール凱旋門,1806~36) の設計者として有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャルグラン
しゃるぐらん
Jean-Franois Thrse Chalgrin
(1739―1811)

フランスの新古典主義建築家。パリに生まれ、ブレーやイタリア人セルバンドニGiovanni Nicol Servandoni(1695―1766)に師事する。ローマ大賞を受賞して、1758~63年ローマに留学、帰国後はパリで活躍し、サン・フィリップ・デュ・ルール聖堂(1769~84)、サン・シュルピス聖堂の北塔(1777)、リュクサンブール宮改築(1795~1805)など、新古典主義の重要な作品を残した。とくに名高い代表作は、1806年に着手し、死後の36年に完成したエトアール凱旋(がいせん)門である。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シャルグランの関連キーワードシャルル・ドゴール広場凱旋門(建築)エティエンヌザハロフ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android