コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンスラード人 シャンスラードじんChancelade man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャンスラード人
シャンスラードじん
Chancelade man

1888年にフランス西部ドルドーニュのシャンスラードで発見された化石人類。 L.テステュの研究によると,身長は低く (約 155cm) ,四肢骨はがんじょうで短く,特に下肢が短い。頭骨は長頭で大きく,脳容量は約 1700cm3。頬骨が横に張出し,顔は広いが鼻は長く突顎はない。後期旧石器時代の化石現生人類 (新人類) であるが,コーカソイド的特徴をもったクロマニヨン人とはやや異なり,むしろ,オーベルカッセル人に類似し,エスキモーとの関係が論じられたことがあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シャンスラード人【シャンスラードじん】

第四紀上部洪積世,後期旧石器時代化石現生人類。1888年フランスのクロマニョンに近いラ・シャンスラードLa Chanceladeで発見された。現在のエスキモーに似た形質をもつといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャンスラードじん【シャンスラード人 Chancelade man】

フランス,ドルドーニュのペリグー市から6kmほど離れたシャンスラード村にある岩陰遺跡から,1882年にハーディM.Hardyらによって発見された1体の後期旧石器時代人骨である。ウルム氷期に属し,マドレーヌ文化の人工遺物を伴い,体の左側を下にした横臥姿勢をとり下肢を強く折り曲げた形で埋葬されていた。老年男性と推定された頭蓋と破損した四肢骨は,全般的にはヨーロッパの代表的な化石現生人類であるクロマニョン人に似ているが,そのいくつかの特徴はクロマニョン人には見られないもので,現在のエスキモーに認められるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャンスラード人
しゃんすらーどじん
Chancelade man

南フランス、ドルドーニュのペリグー市の北東6キロメートルにあるシャンスラードの岩陰(いわかげ)遺跡から、1888年に出土した後期旧石器時代人骨。発見者はM・ハーディら。寒地性動物化石およびマドレーヌ文化遺物を伴出した。ほぼ全身的な壮年男性人骨である。これを調べたL・テステューは、本人骨は全般的にはクロマニョン人に似るが、長頭で、頬骨(ほおぼね)が大きく、下顎(かがく)枝が厚いという点で、エスキモーに似ているとした。このことは氷河時代のヨーロッパにエスキモー様人類が生息したということになり、シャンスラード人種とよばれた。しかし、この標本は保存が悪く、最近の研究では、それは誤認・誇大化していると考えられ、その名は古人骨発見史の一隅にとどまるだけである。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シャンスラード人の関連キーワードホモ・サピエンス新人類