シャンスラード人(読み)シャンスラードじん(英語表記)Chancelade man

精選版 日本国語大辞典 「シャンスラード人」の意味・読み・例文・類語

シャンスラード‐じん【シャンスラード人】

  1. 〘 名詞 〙 ( シャンスラードはChancelade ) 一八八八年、南フランスのペリグー市近郊のシャンスラード村レイモンダン岩陰遺跡の、マグダレニアン文化層より発掘された化石原生人骨。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「シャンスラード人」の意味・わかりやすい解説

シャンスラード人
しゃんすらーどじん
Chancelade man

南フランス、ドルドーニュのペリグー市の北東6キロメートルにあるシャンスラードの岩陰(いわかげ)遺跡から、1888年に出土した後期旧石器時代人骨。発見者はM・ハーディら。寒地性動物化石およびマドレーヌ文化遺物を伴出した。ほぼ全身的な壮年男性人骨である。これを調べたL・テステューは、本人骨は全般的にはクロマニョン人に似るが、長頭で、頬骨(ほおぼね)が大きく、下顎(かがく)枝が厚いという点で、エスキモーに似ているとした。このことは氷河時代のヨーロッパにエスキモー様人類が生息したということになり、シャンスラード人種とよばれた。しかし、この標本は保存が悪く、最近の研究では、それは誤認・誇大化していると考えられ、その名は古人骨発見史の一隅にとどまるだけである。

[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「シャンスラード人」の意味・わかりやすい解説

シャンスラード人
シャンスラードじん
Chancelade man

1888年にフランス西部ドルドーニュのシャンスラードで発見された化石人類。 L.テステュの研究によると,身長は低く (約 155cm) ,四肢骨はがんじょうで短く,特に下肢が短い。頭骨は長頭で大きく,脳容量は約 1700cm3。頬骨が横に張出し,顔は広いが鼻は長く突顎はない。後期旧石器時代の化石現生人類 (新人類) であるが,コーカソイド的特徴をもったクロマニヨン人とはやや異なり,むしろ,オーベルカッセル人に類似し,エスキモーとの関係が論じられたことがあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「シャンスラード人」の意味・わかりやすい解説

シャンスラード人【シャンスラードじん】

第四紀上部洪積世,後期旧石器時代の化石現生人類。1888年フランスのクロマニョンに近いラ・シャンスラードLa Chanceladeで発見された。現在のエスキモーに似た形質をもつといわれる。→新人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android