コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャントゥンゴサウルス シャントゥンゴサウルス Shantungosaurus

2件 の用語解説(シャントゥンゴサウルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャントゥンゴサウルス
シャントゥンゴサウルス
Shantungosaurus

爬虫類鳥盤目鳥脚亜目ハドロサウルス科に属する,白亜紀後期のアジアに生息した最大のカモノハシ恐竜。体長 15m,体高 8m。 1970年代にほぼ完全な骨格が中国シャントン (山東) 省で発見され,北京自然史博物館に展示されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

シャントゥンゴサウルス

白亜紀後期に生息した鳥盤類鳥脚類の草食恐竜。全長約15メートルの、カモノハシ竜の仲間。名称は、中国の山東省(シャントゥン)で化石が発見されたことにちなむ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャントゥンゴサウルスの関連キーワードアロサウルスイクチオサウルスステゴサウルスブロントサウルスハドロサウルスモササウルスハドロサウルス類カモハシ竜(鴨嘴竜)コンプソグナツスタルボサウルス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone