コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャントゥンゴサウルス Shantungosaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャントゥンゴサウルス
Shantungosaurus

爬虫類鳥盤目鳥脚亜目ハドロサウルス科に属する,白亜紀後期のアジアに生息した最大のカモノハシ恐竜体長 15m,体高 8m。 1970年代にほぼ完全な骨格が中国シャントン (山東) 省で発見され,北京自然史博物館に展示されている。体長の半分に及ぶ長い尾は縦長で,尾椎骨の棘突起がきわめて長く,現在のワニ類と似ていることから水中でワニのように尾を使ったと考えられたこともあった。しかし現在では骨質の腱が前尾椎を結んでいるので,尾は固すぎて櫂としては機能しにくいと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

シャントゥンゴサウルス

白亜紀後期に生息した鳥盤類鳥脚類の草食恐竜。全長約15メートルの、カモノハシ竜の仲間。名称は、中国の山東省(シャントゥン)で化石が発見されたことにちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報