シャーアラム(英語表記)Shah Alam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーアラム
Shah Alam

マレーシア,マレー半島南西部,セランゴール州州都。首都クアラルンプールと外港クランとの間にあるバトゥティガ Batu Tigaに工業地域として造成され,1968年現在名に改称。 75年クアラルンプールの連邦直轄地化に伴い州都となり,官庁の移転が進んだ。工場建設も盛んで,人口も急増している。人口1万 41 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シャー‐アラム(Shah Alam)

マレーシア、マレー半島南西部の都市。スランゴール州の州都。クアラルンプールの南西約25キロメートルに位置する。国営自動車会社プロトンの工場が立地し、新興工業都市として発展。ブルーモスクの通称で知られるスルターンサラフディンアブドゥルアジズシャーモスク、州の歴史や文化を紹介するスルターンアラムシャー博物館、人工湖などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android