シャープレシオ(英語表記)Sharpe ratio

デジタル大辞泉「シャープレシオ」の解説

シャープ‐レシオ(Sharpe ratio)

投資のリスクに対するリターンの大きさを示す指標。過去の一定期間にポートフォリオがどれだけ安定して利益を上げたかを示すもので、投資信託などの運用実績の評価に広く用いられる。米国の経済学者ウィリアム=シャープ(1990年ノーベル経済学賞受賞)が考案。過去の一定期間の収益率をリスク(価格変動の標準偏差)で割って求める。数値が高いほど、リスクに対して得られるリターンが大きく、投資効率がよいとされる。
[補説]投資では一般に、リスクの高い(価格変動が大きい)資産に投資すると、高い収益を得られる可能性が高いとされる(ハイリスクハイリターン)。しかし、その反面、大きな損失を被る可能性も高く、リスクの高い投資対象で短期的に大きな収益が得られた場合、偶然が大きく作用したと考えられる。したがって、単純に収益率(価格上昇率)を比較するだけでは、必ずしも長期的に安定した収益を確保できる資産を選択できるとは限らない。シャープレシオは分母にリスクを置いて収益率を計算するため、運用の安定度と効率性の両面から投資対象資産を比較評価することができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

投資信託の用語集「シャープレシオ」の解説

シャープレシオ


1リスク単位に対するリターンを算出し、リスクに対しどれだけのリターンを得たのかを示す、リスク調整後リターンの代表的な指標のこと。シャープレシオは一般的に以下の式で求められる。
シャープレシオ=
(リターンの平均値-無リスク資産のリターン)/リターンの標準偏差
シャープレシオのが高ければ、リスクを抑えながらも高いリターンを得た、効率的なファンドと言える。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android