シュコーデル(英語表記)Shkodër

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュコーデル
しゅこーでる
Shkodr

南東ヨーロッパ、アルバニア北部の中心都市。人口8万3700(1991)。シュコーデル湖の南東端、アドリア海より航行可能のブーネ川近くに位置し、古代イリリア人(アルバニア人の前身)の都市スコドラScodraとして興り、ローマ、ビザンティン、セルビア、ベネチア、トルコに支配された歴史をもつ。アルバニアの宗教撲滅運動(1967)以前はカトリックの中心地でもあった。水力発電所やたばこ、皮革などの工場がある。[大羽奎介・齋藤 厚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android