コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュコーデル シュコーデルShkodër

デジタル大辞泉の解説

シュコーデル(Shkodër)

アルバニア北部の湖港都市。中世のロザファ要塞遺跡がある。スクタリ。シュコドラ。シュコダル

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュコーデル
しゅこーでる
Shkodr

南東ヨーロッパアルバニア北部の中心都市。人口8万3700(1991)。シュコーデル湖の南東端、アドリア海より航行可能のブーネ川近くに位置し、古代イリリア人(アルバニア人の前身)の都市スコドラScodraとして興り、ローマ、ビザンティン、セルビアベネチアトルコに支配された歴史をもつ。アルバニアの宗教撲滅運動(1967)以前はカトリックの中心地でもあった。水力発電所やたばこ、皮革などの工場がある。[大羽奎介・齋藤 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例