コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイン=レーベンタール症候群 シュタインレーベンタールしょうこうぐんStein‐Leventhal syndrome

世界大百科事典 第2版の解説

シュタインレーベンタールしょうこうぐん【シュタイン=レーベンタール症候群 Stein‐Leventhal syndrome】

1935年にアメリカの産婦人科医シュタインIrving F.SteinとレーベンタールMichael L.Leventhalとが両側の卵巣が腫大して多囊胞性変化を起こして不妊になっている患者の報告を行って以来,今日では,不妊,多毛,男性化症状,肥満などの症状を兼ね備えた多囊胞卵巣症例をシュタイン=レーベンタール症候群と呼んでいる。日本人の場合には,このように典型的な男性化症候を備えた症例は少ないが,多囊胞卵巣だけの症例は無月経や不妊症の婦人に決して少なくはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シュタイン=レーベンタール症候群の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android