コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタイン=レーベンタール症候群 シュタインレーベンタールしょうこうぐんStein‐Leventhal syndrome

1件 の用語解説(シュタイン=レーベンタール症候群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュタインレーベンタールしょうこうぐん【シュタイン=レーベンタール症候群 Stein‐Leventhal syndrome】

1935年にアメリカ産婦人科医シュタインIrving F.SteinとレーベンタールMichael L.Leventhalとが両側の卵巣が腫大して多囊胞性変化を起こして不妊になっている患者の報告を行って以来,今日では,不妊,多毛,男性化症状,肥満などの症状を兼ね備えた多囊胞卵巣症例をシュタイン=レーベンタール症候群と呼んでいる。日本人の場合には,このように典型的な男性化症候を備えた症例は少ないが,多囊胞卵巣だけの症例は無月経や不妊症の婦人に決して少なくはない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シュタイン=レーベンタール症候群の関連キーワード日本浪曼派治安維持法挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞日本共産党予讃線文学賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone