コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュピッタ Julius August Philipp Spitta

世界大百科事典 第2版の解説

シュピッタ【Julius August Philipp Spitta】

1841‐94
ドイツの音楽学者。ゲッティンゲン大学で神学と古典文献学を修めたのち,高等学校のギリシア語・ラテン語教師をへて,1875年からベルリン大学の音楽史教授としてM.フリートレンダーらのすぐれた音楽学者を育て,同時にベルリン音楽大学学長も兼任した。研究領域は中世初期からロマン派にまで及んだが,中心は17~18世紀のドイツ教会音楽にあり,古典文献学の方法を採用した精密な原典批判と,親友であったブラームスの影響による古典主義的な作品評価を特色としている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シュピッタの関連キーワードユリウス スメントフリートレンダー12月7日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android