コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角倉 スミノクラ

デジタル大辞泉の解説

すみのくら【角倉】

姓氏の一。江戸時代の京都の豪商。本姓、吉田氏。室町時代は土倉(どそう)として活躍。のち、朱印船貿易・河川土木事業に従事し、高瀬川などの水路開発による通船の権益を代々継承して栄えた。
[補説]「角倉」姓の人物
角倉素庵(すみのくらそあん)
角倉了以(すみのくらりょうい)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すみのくら【角倉】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

角倉の関連キーワード千宗室(12代)Paltac千 猶鹿子角倉為次郎亀屋五位女朱印船貿易角倉素庵千 宗室小島宗真角倉了以吉田光由角倉玄紀角倉玄之吉田元陳御朱印船若槻幾斎吉田徳春古活字版角倉船嵯峨流

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角倉の関連情報