コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュムシュ島 シュムシュとうostrov Shumshu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュムシュ島
シュムシュとう
ostrov Shumshu

千島列島北端,ロシア,サハリン州の島。面積 386km2。最高点 189m。第1クリル海峡をへだててカムチャツカ半島と,第2クリル海峡をへだててパラムシル島と相対する。旧日本領で,第2次世界大戦前の日本領時代には北千島漁業の中心であった。日本名占守 (しゅむしゅ) 島。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュムシュ島
しゅむしゅとう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュムシュ島の関連キーワード樺太=千島交換条約パラムシル[島]ロパトカ[岬]ロパトカ岬郡司 成忠郡司成忠白瀬 矗幌筵島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュムシュ島の関連情報