シュムシュ島(読み)シュムシュとう(英語表記)ostrov Shumshu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュムシュ島
シュムシュとう
ostrov Shumshu

千島列島北端,ロシア,サハリン州の島。面積 386km2最高点 189m。第1クリル海峡をへだててカムチャツカ半島と,第2クリル海峡をへだててパラムシル島と相対する。旧日本領で,第2次世界大戦前の日本領時代には北千島漁業の中心であった。日本名占守 (しゅむしゅ) 島。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュムシュ島の関連情報