コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュルテ Schulte, Aloys

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュルテ
Schulte, Aloys

[生]1857.8.2. ミュンスター
[没]1941.2.14. ボン
ドイツの歴史家。カトリシズムを奉じつつも客観主義的な史料研究に徹し,時代にさきがけて中世の商業史,交通史の新分野を開拓した。主著に『中世の商業・交通史』 Geschichte des mittelalterlichen Handels und Verkehrs (1900) ,『中世盛期ドイツの貴族と教会』 Der Adel und die deutsche Kirche im hohen Mittelalter (10) ,『ライン流域のドイツ 1000年史』 Tausend Jahre Deutscher Geschichte und Deutscher Kultur am Rhein (25) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュルテの関連キーワードベーダ(インドの聖典)メシュルティエト青年トルコ革命ベイルドン石ベンカタマキペスタロッチシュルティインド音楽ヌマンチアスムリティデュピュイインド文学バラモン教ガベス湾楢林鎮山ベルリン微分音音律音階

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android