コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュワルベ Schwalbe, Gustav Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュワルベ
Schwalbe, Gustav Albert

[生]1844.8.1. ケドリンブルク
[没]1916.4.23. シュトラスブルク
ドイツの人類学者,解剖学者。ピテカントロプスの研究で著名。形態学・人類学雑誌"Zeitschrift für Morphologie und Anthropologie"を創刊。 1901年新しい頭骨測定法で化石人類をネアンデルタール人と現生人類に区別し,ネアンデルタール人に類するものを原生人類 Homo primigeniusと名づけた。主著"Studien über Pithecanthropus erectus Dubois" (1899) ,"Über die specifischen Markmale des Neanderthalschädels" (1901) ,"Die Vorgeschichte des Menschen" (07) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュワルベ
しゅわるべ
Gustav Albert Schwalbe
(1844―1916)

ドイツの解剖学者、人類学者。中部ドイツのクベドリンブルクに医師の子として生まれる。ベルリン、チューリヒ、ボンの各大学に学び、ライプツィヒ、イエナ、ケーニヒスベルク、ストラスブールの各大学教授を歴任した。ボン大学教授シュルツェの下で舌の味蕾(みらい)(シュワルベ小体)を発見したほか、神経組織の研究で業績をあげ、脳の内側前庭核(シュワルベ核)、視神経鞘間隙(しょうかんげき)(シュワルベ腔(こう))、延髄の前正中裂の盲孔(シュワルベ孔)などを発見した。のちに人類学的研究に力を入れ、ネアンデルタール出土の化石頭骨に関して、病的な変形とするウィルヒョーの説を否定し、原始的な人類のものであることを明らかにした。おもな著書に『目のリンパ管』(1871)、『神経学教科書』(1881)、『感覚器官の解剖学』(1885)、『外耳』(1904)、『人類先史時代の研究』(1906)などがある。門下に脈管解剖学の足立文太郎(あだちぶんたろう)、人類学のワイデンライヒがいる。[澤野啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュワルベの関連キーワードグスタフ・アルベルト シュワルベ前田 郁子旧人類

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android