コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味蕾 みらいtaste buds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

味蕾
みらい
taste buds

乳頭中に多数存在する味覚受容器で,花の蕾 (つぼみ) 状の構造をしている。味細胞とこれを支持する細胞,基底細胞から成り,細胞が味覚刺激を受容する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

味蕾【みらい】

脊椎動物の味覚器。魚類では体表にまで分布するが,その他の脊椎動物では口腔内に限られ,口腔粘膜ことに舌乳頭に存在する。粘膜上皮の間にはさまれた蕾(つぼみ)状の小体で,味細胞と支持細胞の2種の細長い細胞からなり,その一端にある味孔という小孔で粘膜表面に開口する。
→関連項目ヒメジ味覚障害

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

味蕾

 脊椎動物の味覚受容器.小体で紡錘形の味細胞と支持細胞でできている.味細胞はその一部を口腔に出しており,味物質を感じる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みらい【味蕾 taste bud】

味蕾は脊椎動物で特殊に形成された化学受容器の一つで,その形が花のつぼみに似るところからこの名がつけられた。その感覚(味覚)は延髄へ伝えられる。味蕾には味細胞があり,その先端の突起が受容の場所とされている。味細胞には味神経の末端がシナプスをつくっている。魚類,両生類では味細胞と基底細胞があり,味蕾の先端は口腔粘膜から突出する(図1)。哺乳類では3型の味細胞と基底細胞があり,先端は口腔粘膜にある小孔の中にかくれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みらい【味蕾】

脊椎動物の味覚の受容器。主に舌の上面に存在。味細胞と支持細胞からなる花の蕾つぼみ状の微小な器官。ヒトでは約一万個あるといわれ、甘・酸・苦・塩の味をそれぞれ別個の味蕾が受容する。味覚芽。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

味蕾
みらい
taste bud

味覚芽(みかくが)ともいう。味覚の感覚器で、その中には味受容器である味細胞が含まれる。味蕾は、脊椎(せきつい)動物では一般に口腔(こうくう)内の舌、軟口蓋(なんこうがい)、咽頭(いんとう)および喉頭(こうとう)にみられるが、魚類では体表やひげにもみられる。哺乳(ほにゅう)動物では、味蕾の約80%は舌表面に散在する茸状(じじょう)(きのこ状)乳頭(ヒトでは舌の前3分の2に約100個ある)、葉状(ようじょう)乳頭(舌の後部各側縁に1個ある)および有郭乳頭(舌の後部に10個ほど存在する)内に分布する。成人では口腔全体で4000~5000個の味蕾があるといわれる。また、ヒトの場合、味蕾は茸状乳頭に数個、葉状乳頭に約500個、有郭乳頭に約200個含まれる。味蕾は形態が花の蕾(つぼみ)状で、大きさは長径70マイクロメートル、短径50マイクロメートルほどである。味蕾中には数十個の細胞が含まれ、味細胞、支持細胞、基底細胞などに区別される。味蕾の頂上には味孔があり、そこを介して味物質が味細胞を刺激する。味細胞の興奮は、鼓索(こさく)神経や舌咽(ぜついん)神経などに含まれる味覚神経線維に伝達される。味細胞の寿命は約10日であり、次々と新しい細胞と入れ替わる。[佐藤俊英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の味蕾の言及

【味覚】より

…味覚円板には味細胞と支持細胞があり,前者は舌咽神経が支配する。魚では口腔内の舌や口蓋のほかに顔面にも受容器の味蕾(みらい)taste budがあり,おもに顔面神経の枝で支配する。哺乳類でも味覚の受容器は味蕾で,上では乳頭(糸状乳頭,たけのこ状乳頭,有郭乳頭,葉状乳頭などの区分がある)上のほか,口蓋の上皮中に存在する。…

【舌】より

…表面が角化していないため二次乳頭中の血管が透けて赤みを帯びて見える。子どもでは味覚をつかさどる味蕾(みらい)が存在していることがある。(3)有郭乳頭 舌分界溝の前に1列に並んで8~15個みられる。…

【味覚】より

…味覚円板には味細胞と支持細胞があり,前者は舌咽神経が支配する。魚では口腔内の舌や口蓋のほかに顔面にも受容器の味蕾(みらい)taste budがあり,おもに顔面神経の枝で支配する。哺乳類でも味覚の受容器は味蕾で,上では乳頭(糸状乳頭,たけのこ状乳頭,有郭乳頭,葉状乳頭などの区分がある)上のほか,口蓋の上皮中に存在する。…

※「味蕾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

味蕾の関連キーワードグスタフ・アルベルト シュワルベ口腔のしくみとはたらき特異的被刺激性の法則口腔(こうこう)外受容性反射味覚変革物質シュワルベ味覚減退症鼓索神経化学受容味覚器官イルカ基本味味わう唾液腺上面消化

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

味蕾の関連情報