コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショルチュク

1件 の用語解説(ショルチュクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ショルチュク

東トルキスタン,カラシャール南西の地で,都城跡と仏教遺跡がある。ル・コックグリュンウェーデルスタインらが踏査。窟寺の壁画はクチャ付近のキジル石窟のそれに近く,塑像は西方の影響が濃い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のショルチュクの言及

【カラシャール】より

…その西の山寄りに仏教寺院址が群集し,その北東山腹に小規模な石窟寺院が残る。寺址はドイツ隊がショルチュクShorchuk,ロシア隊がシクシムShikshimと命名し,100基以上にのぼる日乾煉瓦造の祠堂・仏塔など,小型のものから,1辺130mもの長方形建物がある。仏像は独特な様式の塑像に特色があり,型づくりで,細かい衣紋にホータン付近と共通性がみられる。…

※「ショルチュク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ショルチュクの関連キーワードウズベク族クシャン朝シャルワール中央アジアトルキスタン東パキスタン回疆バルチスタンコッツウォルズシャールフ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone