コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルズ Shils, Edward Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シルズ
Shils, Edward Albert

[生]1910.7.1. スプリングフィールド
[没]1995.1.23. シカゴ
アメリカの社会学者。ペンシルバニア大学卒業。ケンブリッジ大学で修士の学位を受けた。 T.パーソンズらとともに,社会学,社会心理学,社会人類学などの成果を取入れた「行為の一般理論」を提唱。小集団論,パーソナリティ研究を行なってきたが,新興独立諸国の政治的発達およびその過程における知識人と教育の役割などについても強い関心を向けはじめた。主著『行為の総合理論をめざして』 Toward a General Theory of Action (1951,パーソンズと共著) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シルズの関連キーワード行為関係枠ベールズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android