コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修士 シュウシ

百科事典マイペディアの解説

修士【しゅうし】

大学院に2年以上在学して所定の単位を修得し,その大学院の行う修士論文の審査と試験に合格した者に授与される学位。新制大学制度のなかで,米国のマスターの学位にならって導入された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうし【修士】

学位の一。大学院において二年以上の学習を行い、修士論文の審査により、専攻の学問分野について深い学識と研究能力を有すると認められる者に与えられる。マスター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

修士
しゅうし

学位の一種。イギリス、アメリカではマスターMaster(M.A.; M.S.)、フランスではメトリーズMatrise。Ph.D.(博士号、Doctor of Philosophy)その他の専門職の博士よりは下位の中間学位。この学位は、中世パリ大学における教師ギルドへの入会資格である教授免許状マギスターMagisterに由来する。中世ボローニャ大学のドクターDoctorと同格とされ、Master、DoctorおよびプロフェッサーProfessorは、すべて同義語に用いられた。17世紀以後のイギリスをはじめ、初期アメリカでも学士取得後研究を3年続ければ自動的に授与される名誉学位となり、1858年にミシガン大学で1、2年の課程履修に対して授与される取得学位となった。日本では、大学院の標準修業年限2年の修士課程、または標準修業年限5年の博士課程の前期2年の課程修了者に修士の学位が授与される。なお、専門職大学院修了者に授与される専門職学位にも修士(専門職)という名称が用いられている。[金子忠史・江原武一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の修士の言及

【学位】より

…専門的な学問を修得したこと,あるいは学術上の創造的業績をあげたことを証明するために,大学または国家が与える称号。日本では学士,修士,博士(はくし)の三つがある。
[沿革]
 博士をはじめとする学位制度の起源は中世ヨーロッパの大学にある。…

※「修士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

修士の関連キーワードリチャード・J. スメトハーストMaster's DegreeE.R. スクシュイプチャクD.J. ゴールズワージーロイ・アンドリュー ミラーシリクリシュナ クルカルニフレッド・Y. タカサキエムビーエー(MBA)マスターズディグリーマルコス ガウヴォンマイケル エメリックドミニク コンセイユロバート ベラーディマシュー ヒルガーマスターオブアーツ教員の修士レベル化イルマン(伊留満)ポール ジョバンJ. エリオットO. モンテス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修士の関連情報