シルダー(英語表記)Paul Ferdinand Schilder

世界大百科事典 第2版の解説

シルダー【Paul Ferdinand Schilder】

1886‐1940
オーストリアの精神医学者。ウィーン大学に学び,哲学に強い関心をもって,フッサールやS.フロイトの影響を受ける一方で,器質的疾患の研究にも携わり,神経病学と精神医学を結合しようと試みた。汎発性軸索周囲性脳炎(シルダー病)の記述によって,国際的に知られるようになった。業績は,進行麻痺などの器質的疾患や,精神分裂病などの精神病の現象学的・精神分析的研究,神経学や心理学の未開拓分野を研究した《医学的心理学》(1913),離人症の現象学的研究《自我意識と人格意識》(1918),身体像の役割を研究した《人間身体の心像と現象》(1935)など多岐にわたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android