コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シレムン(失烈門) シレムンShiremün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シレムン(失烈門)
シレムン
Shiremün

モンゴル帝国の宗室。オゴデイの第3子クチュ (曲出) の長子。祖父に愛されて皇嗣に指定されたが,1241年オゴデイが死ぬと,監国 (摂政) 皇后トレゲネ (脱列哥那) は自分の生んだグユク (貴由) を立てようとし,シレムンの年少を理由に,46年グユクがハンに選挙された。 48年グユクが死に,トルイの未亡人ソルカクタニと,オゴデイ家とを敵視するバトゥ (抜都) の策動で 51年モンケ (蒙哥) がハンに選挙された。シレムンはオゴデイ家の諸王とともにクリルタイを襲撃しようとして発覚。かねてシレムンと仲のよかったモンケの弟フビライは,シレムンを中国の領地に連れていったが,のちモンケが中国に来てシレムンを溺死させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報