コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンケ

世界大百科事典 第2版の解説

モンケ【Möngke】

1208‐59
モンゴル帝国の第4代皇帝。在位1251‐59年。トゥルイの長子。憲宗は廟号。フビライとフレグ(フラグ)の兄。トゥルイ家の実力と帝室の長老バトゥの支援によってオゴタイ家欠席のクリルタイにおいて即位し,帝位をトゥルイ家に奪い,ついでオゴタイ家の反抗者を処刑した。この一件は,フビライなどのお手盛クリルタイの先例を開き,ハイドゥの乱をひき起こし,帝国分裂の遠因となった。モンケは即位後占領地の統治組織や財政の確立に努め,フビライにチベット,雲南,安南を征討させ,フレグに西アジアを征討させ,アッバース朝を倒し,また高麗を降伏させ属国化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

モンケの関連キーワードオグル・ガイミシュ(斡兀立海迷失)ウリヤンハダイ(兀良合台)アリク・ブガ(阿里不哥)アラムダル(阿藍答児)イェルワジ(牙老瓦赤)トゥトゥカ(土土哈)ノムガン(那木罕)オゴタイ・ハーン国シレムン(失烈門)チャガン(察罕)フラグ(旭烈兀)ゾゲトゥ(唆都)ダヤン・ハーンウリヤンハタイトルイ(拖雷)クチュ(曲出)ハダン(哈丹)モンケ・ハーンフビライ・ハンリュブリュキ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android