モンケ

世界大百科事典 第2版の解説

モンケ【Möngke】

1208‐59
モンゴル帝国の第4代皇帝。在位1251‐59年。トゥルイの長子。憲宗は廟号。フビライとフレグ(フラグ)の兄。トゥルイ家の実力と帝室の長老バトゥの支援によってオゴタイ家欠席のクリルタイにおいて即位し,帝位をトゥルイ家に奪い,ついでオゴタイ家の反抗者を処刑した。この一件は,フビライなどのお手盛クリルタイの先例を開き,ハイドゥの乱をひき起こし,帝国分裂の遠因となった。モンケは即位後占領地の統治組織や財政の確立に努め,フビライにチベット雲南,安南を討させ,フレグに西アジアを征討させ,アッバース朝を倒し,また高麗を降伏させ属国化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android