バトゥ(抜都)(読み)バトゥ(英語表記)Batu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バトゥ(抜都)
バトゥ
Batu

[生]1207
[没]1255
キプチャク・ハン国の初代ハン (在位 1227~55) 。チンギス・ハンの長子ジョチ (朮赤)の第2子。 1236~42年のヨーロッパ遠征の総司令官としてロシアを経てポーランド,ドイツに侵入。ワールシュタットにヨーロッパ連合軍を撃破したのちハンガリーを攻略中に,オゴデイを聞いて撤退。ボルガ川河口サライに駐して,新たに獲得した領土を加えてキプチャク・ハンと称し,キプチャク・ハン国の基礎を築いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バトゥ(抜都)【バトゥ】

キプチャク・ハーン国の建国者。チンギス・ハーンの長子ジュチの次子。ヨーロッパ遠征の総司令官となり,1236年からロシアからポーランド,ハンガリー,フランスまで侵入。1241年リーグニツの戦ではヨーロッパ連合軍を粉砕オゴタイ・ハーンの死により1242年軍をかえし,ボルガ川下流域のサライにとどまってキプチャク・ハーン国を開いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android