コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトゥ Batu

世界大百科事典 第2版の解説

バトゥ【Batu】

1207‐55
キプチャク・ハーン国の創始者。在位1227‐55年。チンギス・ハーンの長子ジュチの次男。父の死後ハーン位を継承した(1227)。1236年から始まったモンゴル軍の西征では,総大将としてロシア・東欧に侵入し,1241年のリーグニツの戦では,ヨーロッパ連合軍を粉砕した。ハンガリー攻略中に,オゴタイ・ハーンの死を知り(1242),兵を返したが,自分はボルガ下流域に建設したサライを中心に,キプチャク・ハーン国を建てた(1243)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバトゥの言及

【キプチャク・ハーン国】より

…ロシア史ではこれを〈タタールのくびき〉と呼ぶ。国家の創設者バトゥ(在位1227‐55)はジュチの第2子で,1236‐41年に,キプチャク草原,ロシア,東欧を席巻し,ボルガ下流のサライを中心として国家の基礎を築いた。その際,長兄オルダOrdaらがジュチの本領(イルティシュ流域)を継いで国家の左翼となり,ハーン位を継承したバトゥは,弟のベルケBerkeやシバンShibanらとともに,右翼に所領を占めた。…

【タタールのくびき】より

…ロシア語のイーゴ(〈軛(くびき)〉の意)は,ラテン語のjugumに由来する。 モンゴル将軍バトゥは,征服したキプチャク・ハーンの国土と人民をしたがえ,ボルガ河口にサライの都をつくって新たにキプチャク・ハーン国を建設した。ロシアの支配にあたっては,ロシア諸公にサライ伺候を義務づけながら,各地に派したモンゴル人司政官(バスカク)に行政,徴税,軍事の権限を与えたが,ロシア人の抵抗が強く,13世紀末に司政官制度が廃されていく。…

※「バトゥ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バトゥの関連キーワードマング・チムール(忙哥帖木児)ワールシュタットの戦いキプチャク・ハーン国バイダル(拝達児)キプチャク・ハン国ペレヤスラブリ公国リーグニッツの戦いオゴタイ・ハーンキプチャクハン国チンギス・ハーンスマトラウタラ州タタールのくびきグユク(貴由)キプチャク汗国ウリヤンハタイハダン(哈丹)ウズベク・ハングユク・ハンブリ(不里)クリムハン国

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バトゥの関連情報