コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シワイカナゴ シワイカナゴ Hypoptychus dybowskii

2件 の用語解説(シワイカナゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シワイカナゴ
シワイカナゴ
Hypoptychus dybowskii

トゲウオ目シワイカナゴ科。体長約 9cm。体は細長く,円筒形。背鰭と臀鰭は軟条のみからなり,後方で対在する。腹鰭はない。鱗もない。日本海の本州沿岸および相模湾以北,サハリンまで分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シワイカナゴ
しわいかなご / 皺玉筋魚
sand eelsand lance
[学]Hypoptychus dybowskii

硬骨魚綱トゲウオ目シワイカナゴ科に属する海水魚。相模(さがみ)湾以北の北日本、日本海の本州沿岸、北海道、オホーツク海に分布する。日本では北海道に多い。体形はイカナゴに似るが、背びれが後方にあって臀(しり)びれと対位すること、鱗(うろこ)がないこと、体の背中線と腹中線にしわがあること、体が黄色で半透明なのが特徴。全長9センチメートル。4~7月に水深2~3メートルのところで群れをつくり、1回に数十粒の卵をブドウ状の卵塊にして海藻に生みつける。雄は卵を保護する。10℃の海水温で1週間後に孵化(ふか)する。産卵期の雄は背びれと臀びれの前半部は暗色で、後半部は紅色。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シワイカナゴの関連キーワードイカナゴイトヨ海鱮棘魚玉筋魚玉筋魚醤油稲子錦穴子しわいやトゲウオ(棘魚)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone