コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンクベトリル シンクベトリル Thingvellir

2件 の用語解説(シンクベトリルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンクベトリル
シンクベトリル
Thingvellir

アイスランド南西部,レイキャビーク東北東 41kmにある野外会議場の跡地。シンクバトラ湖北岸のオクサルアウ川に沿い,風静かで暖かい谷間にある。 930年から 1798年までアイスランド国民議会アルシンクが開催され,毎年6月中旬になると全国から集まった代議員やその家族でにぎわった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンクベトリル
しんくべとりる
Thingvellir

アイスランド西部、首都レイキャビークの東43キロメートルにある史跡。930~1798年の間のほぼ毎年、同国の野外国会アルシンギAlthingiが開かれた場所として重要。地名は「議会の原」の意(vの音をbの音で発音すると猥雑(わいざつ)な意味になるから注意)。溶岩を噴出した幅広い割れ目ギャウがあり、その内側は風を避けられ、清らかなエクサール川が流れ、6月末2週間の議会時に多くの人が天幕生活をするのに便利であった。中心は、アルマンナギャウ上の「法の岩」Lgbergで、近くに歴代議員の天幕敷地が40余りある。1928年以来、国立公園になっている。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンクベトリルの関連キーワードレイキャビークレイキャビク愛斯蘭コウパボーグルストロックルチョルトニン湖ライキャルトルグアイスランド交響楽団ヨクムソンアイスランドホース種 (Icelandic Horse)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone