コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンクベトリル シンクベトリルThingvellir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンクベトリル
Thingvellir

アイスランド南西部,レイキャビークの東北東 41kmにある野外会議場の跡地。シンクバトラ湖北岸のオクサルアウ川に沿い,風静かで暖かい谷間にある。 930年から 1798年までアイスランドの国民議会アルシンクが開催され,毎年6月中旬になると全国から集まった代議員やその家族でにぎわった。現在は会議場の議席跡などがわずかに残る。 1944年6月 17日のアイスランド独立宣言はこの故地で行なわれた。シンクベトリルを含む一帯は国立公園に指定されており,2004年シンクベトリル国立公園として世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンクベトリル
しんくべとりる
Thingvellir

アイスランド西部、首都レイキャビークの東43キロメートルにある史跡。930~1798年の間のほぼ毎年、同国の野外国会アルシンギAlthingiが開かれた場所として重要。地名は「議会の原」の意(vの音をbの音で発音すると猥雑(わいざつ)な意味になるから注意)。溶岩を噴出した幅広い割れ目ギャウがあり、その内側は風を避けられ、清らかなエクサール川が流れ、6月末2週間の議会時に多くの人が天幕生活をするのに便利であった。中心は、アルマンナギャウ上の「法の岩」Lgbergで、近くに歴代議員の天幕敷地が40余りある。1928年以来、国立公園になっている。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シンクベトリルの関連キーワードギャウ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android