コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーモア家 シーモアけSeymours; Saint Maur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーモア家
シーモアけ
Seymours; Saint Maur

13世紀以来,現代にいたるイギリス貴族の家系。もともとノルマンディーのサン・モールから発し,プランタジネット家の家臣として,13世紀にモンマスシャーに領地を与えられ,婚姻関係を通じて 14世紀にサマセットシャーに領地を得た。ヘンリー8世時代にジェーン・シーモアが王妃になったことから一家はにわかに出世し,彼女の長兄エドワードサマセット (公) になり,次兄トマス・シーモアは海軍卿になった。サマセット公の子のエドワード (ハーフォード伯〈1539~1621〉) は,1560年 J.グレーの妹カサリン (1538?~68) と結婚し,王族との秘密結婚禁止の定めにより,ともに投獄された。その子のウィリアム (2代サマセット公〈88~1660〉) も,1610年アラベラ・スチュアートと結婚して投獄され,のち清教徒革命に国王派の将として活躍。名誉革命のとき,ウィリアム3世のもとに駆けつけたエドワード・シーモアもサマセット公の直系の子孫。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone