コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーリング方式 シーリングほうしき ceiling system

2件 の用語解説(シーリング方式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーリング方式
シーリングほうしき
ceiling system

先進国が発展途上国からの輸入品について関税を減免する特恵関税供与方式の一つ。対象品目について一定の年間輸入枠 (シーリング) を設定し,この枠内で無税を原則とする特恵関税を適用し,満枠になった場合には,当該品目についてその年の特恵関税の適用を停止する方式でヨーロッパ共同体 ECが主唱した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シーリング‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【シーリング方式】

ceiling system開発途上国からの輸入品に対して、関税の軽減を行う特恵関税制度の供与の一方式。一定の輸入枠を超えない分の関税を、原則として無税にする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーリング方式の関連キーワード垂直的分業ダンピング関税開発輸入特恵関税ブーメラン効果輸入品CDMクリーン開発メカニズム)植林水産物貿易遺伝資源へのアクセスと利益配分特恵関税制度

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone