コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーリング方式 シーリングほうしきceiling system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーリング方式
シーリングほうしき
ceiling system

先進国が発展途上国からの輸入品について関税を減免する特恵関税供与方式の一つ。対象品目について一定の年間輸入枠 (シーリング) を設定し,この枠内で無税を原則とする特恵関税を適用し,満枠になった場合には,当該品目についてその年の特恵関税の適用を停止する方式でヨーロッパ共同体 ECが主唱した。日本では鉱工業品目に関してこの方式を採用している (→ロメ協定 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シーリング‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【シーリング方式】

ceiling system開発途上国からの輸入品に対して、関税の軽減を行う特恵関税制度の供与の一方式。一定の輸入枠を超えない分の関税を、原則として無税にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

シーリング方式の関連キーワード特恵関税制度

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android