コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジアシルグリセロール

栄養・生化学辞典の解説

ジアシルグリセロール


 ジグリセリドともいい,DAGと略す.脂肪の消化の代謝中間体.また構造式(上)のものはホスファチジルイノシトールリン酸の形で細胞膜に存在し,ホスホリパーゼによって加水分解されて生成し,細胞内の信号伝達物質としてプロテインキナーゼC系を活性化するいわゆる二次メッセンジャーとしての役割がある.乳化剤としても使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ジアシルグリセロールの関連キーワードコレステロールが高めの方の食品(具体的な商品名)トリアシルグリセロールリパーゼエコナ クッキングオイルアシルグリセロール細胞内情報伝達機構フォスフォリパーゼアセチル補酵素AフォスファターゼホスホリパーゼC機能性食用油脂Cキナーゼグリセリド中性脂肪リパーゼ脂肪酸DG

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android