コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェッソール Jessore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェッソール
Jessore

バングラデシュ南西部,クルナ州の都市。クルナ北西約 60km,バイラブ川にのぞむ。水陸交通の要地で,米,ジュート,タバコ,サトウキビタマリンドの実などの交易中心地。セルロイド,プラスチックの家内工業がある。イスラムのモスクなど古い建物が残る。人口 16万 198 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジェッソール(Jessore)

バングラデシュ南西部の町。クルナの北西約60キロメートル、バイロブ川沿いに位置する。幹線道路、鉄道、水上交通の要地であり、空港も立地。18世紀末に英国の地方行政府が置かれ、英国統治時代の建物が多く残っている。ヒンズー教徒が多く居住する。ジョショール

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ジェッソールの関連キーワード第3次印パ戦争バングラデシュ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android