コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェマエルフナ広場 ジェマエルフナひろば

世界の観光地名がわかる事典の解説

ジェマエルフナひろば【ジェマエルフナ広場】

モロッコ第3の都市マラケシュ旧市街中心部にある大きな広場。かつては処刑地だった。夕方になると屋台が並び、ヘビ使いや猿回し踊り子や曲芸師などの大道芸が始まる。広場の絶え間ない喧騒は、「マラケシュの心臓の鼓動」といわれる。◇「ジェマエルフナ」とは、アラビア語で「死者の集まり」という意味。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android