コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラケシュ Marrakesh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラケシュ
Marrakesh

モロッコ西部,マラケシュ州の州都。カサブランカの南,道路で約 241km,大アトラス山脈北麓アウズ平原のタンシフト川南岸に位置するオアシス都市。夏は暑さが厳しいが,11月~4月は温暖で乾燥する。 1062年ムラービト朝ユースフ・イブン・ターシュフィーンによりサハラ砂漠縦断の隊商路の起点として建設され,1147年まで同王朝の首都。 1912~56年のフランス保護領時代に近代的な市街が発達した。市域はメディナと呼ばれる旧市街と,フランス人によって建設された新市街とに二分される。塁壁で囲まれた旧市街は,中心に市場や見せ物小屋の立ち並ぶ広場があり,その西に 67mのモザイク装飾の美しい尖塔をもつクトゥビーヤ・モスク (12世紀) がある。そのほか 19世紀のベヒア宮殿,美術館になっているダール・シ・サイード宮殿,ベン・ユーセフ大学などがあり,1985年世界遺産の文化遺産に登録。商業中心地で,食品工業,モロッコ革製造,絨毯製造などが行なわれる。大アトラス山脈のスキー,登山の根拠地としてにぎわう。国名のモロッコはヨーロッパ人がマラケシュをモロッコとなまったことから始まった。人口 43万 9728 (1982) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マラケシュ

モロッコ中部,カサブランカから南方へ鉄道で約220kmにある都市。アトラス山脈のツブカル山北麓にあり,農業の中心地。観光地としても有名。イスラム教の古い伝統を誇るベン・ユースフ大学がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マラケシュ【Marrakesh】

アトラス山脈北側の平地に位置するモロッコ中南部の都市。同名県の県都。アラブ名はマッラークシュMarrākush。人口60万2000(1993)。1070年ころ,ユースフ・ブン・ターシュフィーンによってムラービト朝(1056‐1147)の都として建設された。王朝の発展,とくにスペイン征服とともに,サハラ砂漠と北アフリカ,スペインを結ぶキャラバン交易をはじめ商工業,文化が栄えた。続くムワッヒド朝(1130‐1269)もここを都とし,市街地の拡大,庭園,クトゥビーヤ・モスクなどを建設,イブン・ルシュドら多数の学者が来住し,学問研究の中心地ともなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マラケシュ【Marrakesh】

モロッコ中部の都市。皮製品・カーペットなどの製造が盛ん。1062年建設。王宮や多くのモスクがある。旧称、モロッコ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マラケシュ
まらけしゅ
Marrakesh

アフリカ北部、モロッコ南西部の都市。カサブランカの南238キロメートル。アトラス山脈北麓(ほくろく)のハウズ平野に位置する。人口74万5541(1994)。同国南部の中心となるオアシス都市で、山地と平野を結ぶ農産物の集散地として商業活動が盛んである。皮製品製造、織物の伝統工芸やセメント、食品加工の近代工業もある。歴史は古く、1062年ベルベル人による最初のマグレブ統一王国ムラービト朝の首都として建設された。12世紀にこれを滅ぼしたムワッヒド朝下でも首都として栄えた。その後も王家の居住地となることが多く、マグレブ地方におけるイスラム文化・学術の中心地の役割を果たした。またサハラ砂漠を横断する隊商路のかつての北の基点であった。この地域特有の赤い城壁で囲まれた旧市街メディナには古い王宮、廟墓(びょうぼ)、モスク、神学校(マドラサ)、市場(スーク)、職人街、ジェマ・エル・フナ広場などがある。この地域は1985年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。フランス人のつくった新市街ゲリーズはその西にある。冬でも暖かく、国際的な観光地になっている。[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マラケシュの関連キーワードマラケシュフェスティバルイブラヒム ジェイランベンユーセフマドラサマラケシュ・紅の墓標サーディン王朝の廟墓アルマンスールモスクベンユーセフモスクジェマエルフナ広場ダニ サミュエルズジャマエルフナ広場ムワッヒド朝美術クッババアディンケラアデスラルナトゥブカル[山]セティファティマアイトベンハドゥマラケシュ宣言マジョレル庭園エルバディ宮殿ジャディーダ州

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マラケシュの関連情報