ジェームス三木(読み)ジェームス みき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジェームス三木 ジェームス-みき

1935- 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和10年6月10日満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)生まれ。歌手生活をへて,昭和42年シナリオコンクールに「アダムの星」が入選。野村芳太郎に師事。テレビ作品に「澪(みお)つくし」「父の詫び状」など。映画「善人の条件」では原作・脚本のほか監督もつとめた。市岡高中退。本名は山下清泉(きよもと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ジェームス三木 (じぇーむすみき)

生年月日:1935年6月10日
昭和時代;平成時代の脚本家;作家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェームス三木の関連情報