コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェームス三木 ジェームス みき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジェームス三木 ジェームス-みき

1935- 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和10年6月10日満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)生まれ。歌手生活をへて,昭和42年シナリオコンクールに「アダムの星」が入選。野村芳太郎に師事。テレビ作品に「澪(みお)つくし」「父の詫び状」など。映画「善人の条件」では原作・脚本のほか監督もつとめた。市岡高中退。本名は山下清泉(きよもと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

ジェームス三木


芸名
ジェームス三木

性別
男性

生年月日
1935/06/10

星座
ふたご座

干支
亥年

血液型
B

出身地
旧満州・奉天

職種
文化人

趣味・特技
将棋

プロフィール
大阪府立岡高校を経て、劇団俳優座養成所に入所。1955年テイチク新人コンクールに合格し、歌手として13年間活躍する。その後、1967年に『月刊シナリオ』のコンクールに入選、野村芳太郎監督に師事し、脚本家となる。他にも舞台演出、映画監督、小説、エッセイなども手掛けている。主な作品に、『葵 徳川三代』『八代将軍吉宗』『巨人の帽子』『けものみち』『独眼竜政宗』『憲法はまだか』など多数。1988年度ベストファーザー賞受賞。趣味は将棋、音楽。

代表作品
映画『さらば夏の光よ』脚本 / テレビドラマ『八代将軍吉宗』脚本 / テレビドラマ『存在の深き眠り』脚本

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

367日誕生日大事典の解説

ジェームス三木 (じぇーむすみき)

生年月日:1935年6月10日
昭和時代;平成時代の脚本家;作家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ジェームス三木の関連キーワード存在の深き眠り/誰かが私の中にいるこちら55号応答せよ! 危機百発パーマネント・ブルー 真夏の恋加山雄三のブラック・ジャック東京⇔パリ 青春の条件ひばり・橋の花と喧嘩なにがなんでも為五郎戦国武士の有給休暇ねずみ小僧怪盗伝次郎長背負い富士おじさん改造講座三度笠だよ人生はダブル・クラッチ瞳の中の訪問者八代将軍 吉宗最後の忠臣蔵ふりむけば愛ダメおやじ神様の女房あした輝く

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジェームス三木の関連情報