コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェームス三木 ジェームス みき

2件 の用語解説(ジェームス三木の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジェームス三木 ジェームス-みき

1935- 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和10年6月10日満州(中国東北部)奉天(現瀋陽)生まれ。歌手生活をへて,昭和42年シナリオコンクールに「アダムの星」が入選。野村芳太郎に師事。テレビ作品に「澪(みお)つくし」「父の詫び状」など。映画「善人の条件」では原作・脚本のほか監督もつとめた。市岡高中退。本名は山下清泉(きよもと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

ジェームス三木


芸名
ジェームス三木

性別
男性

生年月日
1935/06/10

星座
ふたご座

干支
亥年

血液型
B

出身地
旧満州・奉天

職種
文化人

趣味・特技
将棋

プロフィール
大阪府立岡高校を経て、劇団俳優座養成所に入所。1955年テイチク新人コンクールに合格し、歌手として13年間活躍する。その後、1967年に『月刊シナリオ』のコンクールに入選、野村芳太郎監督に師事し、脚本家となる。他にも舞台演出、映画監督、小説、エッセイなども手掛けている。主な作品に、『葵 徳川三代』『八代将軍吉宗』『巨人の帽子』『けものみち』『独眼竜政宗』『憲法はまだか』など多数。1988年度ベストファーザー賞受賞。趣味は将棋、音楽。

代表作品
映画『さらば夏の光よ』脚本 / テレビドラマ『八代将軍吉宗』脚本 / テレビドラマ『存在の深き眠り』脚本

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームス三木の関連キーワードジェームズ川ジェームズ・リバージェームスEカーターお登勢ジェームス君フープ・ドリームスホームストアジェームス,J.ジェームス・槙セント・ジェームス宣言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジェームス三木の関連情報