コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジゴペタルム Zygopetalum

世界大百科事典 第2版の解説

ジゴペタルム【Zygopetalum】

ラン科の常緑のラン。ジゴペタルム属は20種ほどが南アメリカの熱帯域に分布し,着生,半着生,地生など生活形はさまざまである。卵状の偽球茎をもち,数枚の細長い葉を出す。花茎は新芽の葉腋(ようえき)より発生し,長さ40~50cmで,花を4~6輪くらいつける。花は唇弁が扇状に大きく発達し,芳香がする。日本で栽培されるものにジゴペタルム・マッカイZ.mackayi Hook.がある。花弁は黄緑色で紫色の斑紋があり,唇弁は白色で青紫色の点あるいは線状の斑紋がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ジゴペタルムの関連キーワードジゴペタラム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android