ジトロウスキー(英語表記)Chaim Zhitlowsky

世界大百科事典 第2版の解説

ジトロウスキー【Chaim Zhitlowsky】

1865‐1943
ユダヤ人思想家。ロシアビテプスクに生まれ,1908年以降ニューヨークに定住した。イディッシュ語の再生に情熱を傾け,離散ユダヤ人の社会主義的属地ナショナリズムの理論的指導者として,《なぜイディッシュ語か》(1900),《哲学の開発》(1910)等を著すとともに,講演,寄稿,組織活動に縦横に活躍した。15年ニューヨークのイディッシュ語日刊紙《ザ・デー》のスタッフとなり,カントファウストヨブアインシュタインを論じ,またニーチェの《ツァラトゥストラ》をイディッシュ語に翻訳した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android