コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジトロウスキー Chaim Zhitlowsky

世界大百科事典 第2版の解説

ジトロウスキー【Chaim Zhitlowsky】

1865‐1943
ユダヤ人思想家。ロシアのビテプスクに生まれ,1908年以降ニューヨークに定住した。イディッシュ語の再生に情熱を傾け,離散ユダヤ人の社会主義的属地ナショナリズムの理論的指導者として,《なぜイディッシュ語か》(1900),《哲学の開発》(1910)等を著すとともに,講演,寄稿,組織活動に縦横に活躍した。15年ニューヨークのイディッシュ語日刊紙《ザ・デー》のスタッフとなり,カント,ファウスト,ヨブ,アインシュタインを論じ,またニーチェの《ツァラトゥストラ》をイディッシュ語に翻訳した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジトロウスキーの関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広フォーレアメリカ合衆国史(年表)アメリカ美術フィンランド文学ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android