コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジフェニルメタン diphenylmethane

世界大百科事典 第2版の解説

ジフェニルメタン【diphenylmethane】

芳香族炭化水素の一つで,別名ベンジルベンゼンbenzylbenzene。オレンジ臭のある無色の針状結晶で,融点25.2℃,沸点265℃。1884年にC.フリーデルとJ.M.クラフツにより,ベンゼンと塩化メチレンから塩化アルミニウムを触媒として合成された。現在用いられる合成法は,塩化ベンジルとベンゼンとのフリーデル=クラフツ反応による。水に不溶,多くの有機溶媒に可溶。酸化クロム(VI)で酸化すればベンゾフェノンとなり,赤熱管を通せば脱水素されフルオレンとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ジフェニルメタンの関連キーワードカルボニウムイオン染料アーノルド試薬ポリウレタン塩化メチレン塩基性染料オーラミンフリーデルクラフツ向精神薬緩下剤染料

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android