コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジブラ法則 ジブラほうそく Gibrat's law

2件 の用語解説(ジブラ法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジブラ法則
ジブラほうそく
Gibrat's law

所得,富などの分布を計測する法則の一つで,フランスの統計学者 R.ジブラが 1931年に提案した。その内容は所得分布対数正規分布に従うというもので,次式で表わされる。 y は人員,x は所得金額,x0 は修正値 (通常は最低所得) で,a をジブラ係数と呼び,a が大きいほど所得分布の不平等度は小さい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジブラほうそく【ジブラ法則】

所得をはじめとする経済変数は対数変換によって正規型になる場合が少なくない。フランスの統計学者ジブラR.Gibrat(1904‐ )は,対数正規分布で所得分布が近似できると1931年に提唱した。これをジブラ法則という。その検証は確率紙(半対数グラフ)を用いると容易である。横軸方向に対数で測った所得をとり,縦軸方向に累積人員比率をとったとき,直線が得られれば所得分布はジブラ法則を満たす。ジブラ法則は一般に,低所得階層でよくあてはまるものの,高所得階層にいたるとうまくあてはまらない例が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のジブラ法則の言及

【所得分布】より

…各所得階層に対するウェイトのつけ方は指標によって異なるので,この場合,不平等の順序は計測に用いられる不平等の指標によって異なりうる。第3の方法は,パレート法則ジブラ法則を想定し,それらの法則を規定する密度関数のなかの一つのパラメーターの値で分布の不平等を比較するものである。なおパレート法則やジブラ法則が成立するとき,ローレンツ曲線は互いに交差しない。…

※「ジブラ法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジブラ法則の関連キーワード対数正規分布負の所得税周波数変換パススルー方式倍数変数の法則巨視的経済変数経済変数周波数変換機新信濃周波数変換所相数変換機微視的経済変数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone