ジャック ボナフェ(英語表記)Jacques Bonnaffé

20世紀西洋人名事典の解説


1958.6.22 -
俳優。
リール(フランス)生まれ。
リールのコンセルヴァトワールで学び、劇団ラ・サラマンドルで1979〜83年まで「ブリタニキュス」「どん底」などの舞台に出演。’80年「Anthracite」で映画デビュー。’84年ジョゼフ役で「カルメンという名の女」で注目される。映画ではシリアスな役が多く、フィリップ・ガレルなど個性派の監督と組んで好演。又テレビ映画、演劇でも活躍し、’88年舞台「Paris‐Nord」に主演し、コミカルな演技で注目される。他の作品に「C階段」(’85年)、「Résidence surveillée」(’87年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android