ジャック ボナフェ(英語表記)Jacques Bonnaffé

20世紀西洋人名事典の解説

ジャック ボナフェ
Jacques Bonnaffé


1958.6.22 -
俳優。
リール(フランス)生まれ。
リールのコンセルヴァトワールで学び、劇団ラ・サラマンドルで1979〜83年まで「ブリタニキュス」「どん底」などの舞台に出演。’80年「Anthracite」で映画デビュー。’84年ジョゼフ役で「カルメンという名の女」で注目される。映画ではシリアスな役が多く、フィリップ・ガレルなど個性派の監督と組んで好演。又テレビ映画、演劇でも活躍し、’88年舞台「Paris‐Nord」に主演し、コミカルな演技で注目される。他の作品に「C階段」(’85年)、「Résidence surveillée」(’87年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android