ジャブ

精選版 日本国語大辞典「ジャブ」の解説

ジャブ

〘名〙 (jab) ボクシングの攻撃法の一つ。おもにストレートをこまかに放ち相手の態勢をくずしていくもの。
※太陽の季節(1955)〈石原慎太郎〉「軽くジャブを交しながら自制する時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

とっさの日本語便利帳「ジャブ」の解説

ジャブ

相手の顔面、特に鼻先スピードよく小刻みに繰り出されるパンチ

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

デジタル大辞泉「ジャブ」の解説

ジャブ(jab)

ボクシングで、相手の顔面やボディーを連続して細かく打つこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジャブの言及

【ボクシング】より

…1891年ニューオーリンズで行われたタイトルマッチ,クインズベリー・ルール下での最初の世界ヘビー級チャンピオンと認められたサリバンJohn Lawrence SullivanとコーベットJames J.Corbett(アメリカ,1866‐1933)の一戦が,それまでの果し合い的な見せ物から,スポーツ・ボクシングの興行へと成長する大きな節目となった。圧倒的な人気を誇った豪腕サリバンは,ベアナックル時代そのままの戦法で一撃必倒のパンチを狙い,一方,カリフォルニアのアマチュア・クラブで育った元銀行員のコーベットは,優雅なフットワークと軽快なジャブでこれをかわす。試合は21ラウンドで,疲労しきったサリバンをコーベットがノックアウトして,新チャンピオンとなった。…

※「ジャブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android