ジャンクフード(読み)じゃんくふーど(英語表記)Junk Food

翻訳|junk food

知恵蔵miniの解説

栄養的に非常に偏っている、あるいは心身にとって悪いものが含まれているため、健康に問題を起こしやすい加工食品のこと。「がらくた食品」の意味。一般に、菓子類・インスタント食品糖分の多い清涼飲料水・ファストフードなどがジャンクフードといわれる。炭水化物を主とし油・塩・砂糖などを大量に使い、依存性があり習慣的に食べ過ぎてしまう傾向が高い。健康被害としては、まず肥満及び関連疾患(特に糖尿病や高血圧症、高脂血症)が挙げられ、トランス脂肪酸による動脈硬化微量栄養素の不足による種々の体調不良などがある。2011年には、幼い頃からジャンクフードを食べているとIQが低下するという研究結果が出され、14年7月には、ジャンクフードを摂り続けると嗅覚が鈍ることがマウスの実験結果で判明するなど、新たな健康被害も明らかになってきている。国連のオリビエ・デシューター特別報告官は、14年5月19日、ジャンクフードはタバコよりも健康的にリスクが高いとして、課税や広告制限などの規制を急ぐべきだと提言した。

(2014-8-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

大辞林 第三版の解説

カロリーは高いが栄養価の乏しい、スナック菓子類やファーストフードなどの食品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (junk food) スナック菓子、インスタント麺、ファーストフードなど、高カロリーだが栄養価が低く、添加物の多い食品類。
※普通の生活(1984)〈景山民夫〉ニューオリンズのジャンクフード「味つけも調理も、ジャンクフードとしかいいようのないものなのだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ジャンクフードの関連情報