コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャン ポーラン Jean Paulhan

20世紀西洋人名事典の解説

ジャン ポーラン
Jean Paulhan


1884.12.2 - 1968.10.10
フランスの評論家,小説家。
元・「N.R.F」誌編集長
ニーム(南仏)生まれ。
1920年「N.R.F」編集部に入り、’25年リビエールの後任として編集長。その後、’40年対独協力を拒否して辞任し、翌’41年には「レ・レットル・フランセーズ」紙を創刊し、レジスタンスに参加。戦後は「カイエ・ド・ラ・プレイヤッド」紙を編集、次いで’53年「新N.R.F」誌復刊に伴い編集長に返り咲く。新人発掘の名人と言われ、多くの作家を育て「フランス文学の黒幕」と呼ばれる。’63年にアカデミー・フランセーズ会員に選出。主著に「タルブの花」(’41年)、「詩の鍵」(’44年)など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ジャン ポーラン

生年月日:1884年12月2日
フランスの評論家,小説家
1968年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ジャン ポーランの関連キーワードショパン:ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」/piano soloナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場及びアリアンス広場欧州ミサイル防衛(MD)と米ロ対立米国の欧州ミサイル防衛(MD)スタニスワフ1世レシチンスキ平和のためのパートナーシップミサイル防衛計画(米国の)モーリツ モシュコフスキ欧州ミサイル防衛(MD)マイケル ウルバニアククリスチャン ラクロワインノケンチウス11世トリコロール/赤の愛トリコロール/青の愛MD計画(米国の)チカヤ・ウ・タムシマルコム シャザルK. マクシンスキチャド ドーソン民主的選択共同体

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android