コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルブ タルブ Tarbes

3件 の用語解説(タルブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルブ
タルブ
Tarbes

フランス南西部,オートピレネー県の県都。ピレネー山脈北麓,アドゥール川沿いに位置する。 10世紀なかばからビゴール伯領の首都として,商業,行政の中心地。農畜産物を集散。特にアングロ・アラブ種のウマで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タルブ【Tarbes】

フランス南西部,ピレネー北麓,オート・ピレネー県の県都。人口5万(1990)。司教座所在地。アドゥール川流域にローマ時代から発展し,いまは牛を中心とした牧畜地帯の中心都市でもある。古い兵器廠,伝統的な皮革工業に加えて,第2次大戦中,パリから疎開した航空機工業も発展。ピレネー山脈が美しく眺められるマセー庭園や国有遊歩道は貴重である。半円形の後陣を備えたロマネスク式ゴシック式大聖堂がある。【石原 照敏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルブ
たるぶ
Tarbes

フランス南西部、オート・ピレネー県の県都。ピレネー山脈の北麓(ほくろく)、アドゥール川上流左岸に位置する。人口4万6275(1999)。カエサルの『ガリア戦記』にビゴーラBigorraの名でみえ、10世紀にビゴール伯爵領の首都となった。その城跡にはロマネスク様式の司教座(5世紀以来)教会が建つ。農産物、家畜の集散地で、軍馬の生産で知られたが、現在はウシが中心。鉄道の敷設以後、電気、機械、毛織物、皮革、製紙などの工業が発達した。ピレネー山脈の夏の観光の中心地。1814年、イギリスのウェリントン公は、この町の近くでナポレオンのフランス軍に勝利した。軍人フォッシュ、詩人ゴーチエの出身地。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タルブの関連キーワードピレネー山脈ルルドピレネージャコバン修道院ルールドミディピレネーフレンチ・ピレニアン・ポインターブラク・フランセ・ピレネーアドゥール[川]ピク・デュ・ミディ[山]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タルブの関連情報