ジュアゼイロ(英語表記)Juàzeiro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ジュアゼイロ」の解説

ジュアゼイロ
Juàzeiro

ブラジル中部東岸,バイア州北部の都市。中心集落は州都サルバドル北西約 450km,サンフランシスコ川南岸に位置する河都市で,対岸ペルナンブコ州ペトロリナと橋で結ばれる。標高約 370m。乾燥地域の農牧地帯の商業中心地であるとともに,内陸の同川上・中流域と大西洋岸を結ぶ交通の要地で,市から同川上流部,ミナスジェライス州のピラポラまで小型船で航行でき,大西洋岸のレシフェ,アラカジュと道路で,サルバドルと鉄道,道路で結ばれる。人口 12万 8378 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ジュアゼイロ」の解説

ジュアゼイロ【Juàzeiro】

ブラジル北東部のバイア州北部,ペルナンブコ州とのにある内陸都市。人口12万8691(1991)。ブラジル南北統一の川と呼ばれるサン・フランシスコ川右岸にあり,交通の要地で,セルトン(半乾燥内陸地帯)の重要な物資集散地。かつては牛を沿岸方面へ送り出す拠点であり,河川交通の要港であった。北東部一帯,ことにセアラ州乾燥地帯から干ばつに追われた難民は,多くこの港から船で川を下ってサン・パウロ方面へ移動した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android