コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュガンティーヤ神殿 ジュガンティーヤシンデン

1件 の用語解説(ジュガンティーヤ神殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジュガンティーヤ‐しんでん【ジュガンティーヤ神殿】

Ġgantija》地中海中央部の島国、マルタ共和国のゴゾ島にある先史時代の巨石神殿。紀元前3600年から3200年頃にかけて建造。石灰岩を積み上げた高さ8メートルの壁をもつ神殿のほか、渦巻きやヘビなどの彫刻が施された石や、動物のいけにえを洗うための石がある。1980年と1992年に、マルタ島イムナイドラスコルバタハジュラットタルシーンハジャーイムとともに「マルタの巨石神殿」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュガンティーヤ神殿の関連キーワードラバトイムジャール騎士団施療院コミノット島コミノ島スリエマチェルケウアマルサシュロックマルサルフォルンマルタ島

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone