ジュガンティーヤ神殿(読み)ジュガンティーヤシンデン

デジタル大辞泉「ジュガンティーヤ神殿」の解説

ジュガンティーヤ‐しんでん【ジュガンティーヤ神殿】

Ġgantija》地中海中央部の島国マルタ共和国ゴゾ島にある先史時代の巨石神殿。紀元前3600年から3200年頃にかけて建造石灰岩を積み上げた高さ8メートルの壁をもつ神殿のほか、渦巻きやヘビなどの彫刻が施された石や、動物のいけにえを洗うための石がある。1980年と1992年に、マルタ島イムナイドラスコルバタハジュラットタルシーンハジャーイムとともに「マルタの巨石神殿」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android