ジュネーヴ(英語表記)Genève

山川 世界史小辞典 改訂新版 「ジュネーヴ」の解説

ジュネーヴ
Genève[フランス],Geneva[英]

スイスの南西部にある州および都市の名。州の首都ジュネーヴはスイス第4の都市で,1536年カルヴァンがきて活躍してから,プロテスタントの有力な根拠地となった。1798年フランスに併合されたが,ナポレオンの失脚後独立を回復,1815年スイス連邦に加入した。20世紀に入ってからは国際連盟本部が置かれたほか,外交上の主要な舞台となっている。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「ジュネーヴ」の解説

ジュネーヴ
Genève

スイス最西端,ジュネーヴ(レマン)湖の湖水ローヌ川に流出する所に位置する都市
16世紀にカルヴァンの宗教改革の中心地であったことから,「プロテスタントのローマ」と呼ばれ,現在でも新教が強い。これまで重要な国際会議が何度も開かれたほか,1864年の赤十字国際委員会の本部創設以来,国際連盟本部(1920〜46),国際連合ヨーロッパ事務局や国際労働機関(ILO)・世界保健機関(WHO)・国際電気通信連合(ITU)・万国郵便連合UPU)などの本部が置かれている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android