ジュネーヴ(英語表記)Genève

旺文社世界史事典 三訂版「ジュネーヴ」の解説

ジュネーヴ
Genève

スイス最西端,ジュネーヴ(レマン)湖の湖水ローヌ川に流出する所に位置する都市
16世紀にカルヴァンの宗教改革の中心地であったことから,「プロテスタントのローマ」と呼ばれ,現在でも新教が強い。これまで重要な国際会議が何度も開かれたほか,1864年の赤十字国際委員会の本部創設以来,国際連盟本部(1920〜46),国際連合ヨーロッパ事務局や国際労働機関ILO)・世界保健機関WHO)・国際電気通信連合(ITU)・万国郵便連合(UPU)などの本部が置かれている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android