コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万国郵便連合 ばんこくゆうびんれんごうUniversal Postal Union; UPU

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万国郵便連合
ばんこくゆうびんれんごう
Universal Postal Union; UPU

国際郵便のための世界的な組織で,国連専門機関一つ郵便物の交換のために単一の郵便境域を形成し,郵便業務での国際協力の増進をはかることなどを目的とする。1874年に締結され翌 1875年に発効した国際郵便条約によって一般郵便連合が設立され,1878年に条約を改正して現名称に変更。1947年国連専門機関となった。1964年,従来の万国郵便条約のほかに,UPUの恒久的組織に関する万国郵便連合憲章が定められ,その後また同条約と同憲章は改正された。本部はスイスのベルン。総会は大会議と称され,4年ごとに開催される。また年次開催の管理理事会があり,41ヵ国で構成される(選挙制)。日本は 1877年に加盟しており,2012年現在,加盟国・地域は 192。なお,UPUは地域限定連合を認めていて,日本はアジア太平洋郵便連合 APPU(1962設立,事務局はフィリピンのマニラ)に 1968年から加入している。(→郵便

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

万国郵便連合【ばんこくゆうびんれんごう】

Universal Postal Unionの訳で,略称UPU。1874年設立。初め一般郵便連合と称し,1878年現名。1947年以後国連専門機関の一つ。国際的な郵便事業組織を確保し,郵便物の相互交換を容易にするために料金の単純化や各国郵便制度の整備を促進することを目的としている。
→関連項目国際行政連合国際連合郵便

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんこくゆうびんれんごう【万国郵便連合 Union Postale Universelle[フランス]】

世界を一つの郵便境域として諸国民間の通信連絡を増進し,文化,社会および経済の分野における国際協力という目的の達成に貢献することを基本理念とする国際機関。略称UPU。1874年スイスのベルンで22ヵ国によって創設され,1947年には国連の専門機関の一つとなった。最高機関である大会議(加盟国代表で構成され,5年ごとに開催),常設機関としての執行理事会(略称CE。大会議から大会議までの間において連合の事業の継続を確保する機関),郵便研究諮問理事会(略称CCEP。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんこくゆうびんれんごう【万国郵便連合】

郵便物の円滑な相互交換など郵便諸業務の国際協力促進を目的とする国際機関。1874年創設。日本は77年(明治10)に加盟。1947年に国際連合の専門機関となる。本部ベルン。 UPU 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万国郵便連合
ばんこくゆうびんれんごう
Universal Postal Union

略称UPU。国際連合の専門機関の一つ。郵便業務の効果的な運営によって、諸国民間の通信連絡を増進し、文化、社会および経済の分野における国際協力という崇高な目的の達成に貢献するため、郵便業務の組織化および完成を確保し、かつ、この分野における国際協力の増進を助長することを目ざしている。国際連合の専門機関となったのは、1947年である。2015年3月時点で、192か国・地域が加盟している。

沿革

連合を設立するための第1回万国郵便大会議は、シュテファンの提唱により、1874年にスイスのベルンで開催された。この会議には22か国が参加し、10月9日に郵便条約が締結された。この日を記念し、万国郵便連合創立記念日が設定されている。条約は翌1875年7月1日から施行され、加盟国間で交換される郵便物は、原則として同一種類のものは均一料金となった。また、加盟国あての郵便料金は、発信国の郵便切手で前納し、連合の境域内で逓送(ていそう)するものは、なんらの追加料金も徴収することはない。連合の事務局はベルンに置かれた。日本がこれに加盟したのは1877年(明治10)6月1日である。そして翌1878年パリで開催された第2回郵便大会議に初めて日本代表が出席した。郵便大会議は、近年は5年ごとに開かれている。第16回大会議は、1969年(昭和44)に東京で開かれた。
 万国郵便大会議は、UPUの最高意思決定機関であり、万国郵便条約をはじめその施行規則、小包郵便約定とその施行規則について調印が行われ、郵便料金の決定もここで行われる。第15回のウィーンでの大会議では、UPUの基本文書である万国郵便連合憲章が制定された。大会議のほかに、常設機関として執行理事会(CE)と郵便研究諮問理事会(CCEP)が設けられており、大会議と大会議の間の事業の継続を確保するため、各種の審議を行っている。1961年には、郵便研究諮問理事会が東京で開催されたが、各国の郵便の機械化の取組みにあわせ、封筒の規格化について検討された。封筒のJIS規格化は、この決定に基づくものであった。

限定連合

地域ごとの問題を解決し、相互の協力関係を緊密にするため、限定連合が設定されている。日本が加盟しているアジア太平洋郵便連合(APPU)のほか、米西葡郵便連合、北欧郵便連合、アラブ郵便連合など17の限定連合が結成されている。アジア太平洋郵便連合は1962年4月1日に、アジア・オセアニア郵便連合(AOPU)として結成されたものである。この結成は、台湾、韓国、フィリピン、タイの4か国で行われ、日本は1968年9月4日に加盟した。その第2回会議は、1970年11月に京都で開催された。その後、アジア・オセアニア郵便連合は1982年にアジア太平洋郵便連合と改称された。[山口 修・小林正義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の万国郵便連合の言及

【郵便】より

…基本的な事項を調整し,円滑な業務運行を促進するため,アメリカの郵便長官モンゴメリー・ブレアの提案により,1863年にパリで国際会議が開かれ,つづいて74年にはスイスのベルンに22ヵ国の代表が集まって国際会議が開催された。この会議においてドイツのシュテファンHeinrich von Stephan(1831‐97)が提唱したことを契機に,翌75年万国郵便連合が結成された。この連合の結成により国際的な規模での近代的な郵便制度がスタートすることになった。…

※「万国郵便連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

万国郵便連合の関連キーワードシュテファン(Heinrich von Stephan)EMS(Express Mail Service)日本郵便制度史(年表)世界郵便の日記念スタンプ2月19日10月9日郵政博物館寺島 宗則河野 鷹思郵便葉書国際機構小包郵便絵葉書郵便法